No.3378 池島(長崎)撮影

第二の軍艦島といわれる池島は2001年11月に炭鉱が閉山して以来、多くの人々が島を離れ急速に過疎化している。現在でも炭鉱設備や炭鉱アパートは現存しているが、軍艦島のような産業遺産の島になりつつある。この池島でノスタルジックなポートレート撮影を行うプロジェクトです。

参考ページ:九州最後の炭鉱「池島」の外より

このプロジェクトは私の趣味の撮影であり、モデルと想像し1から作り上げる撮影となります。コンセプトは「nostalgic」とし、飾り気のない素朴な衣装や表情で構成していきます。作品の性質上、若い女性をかわいく綺麗に撮ることがテーマではないので、スタイル、年齢は問いません。ただし、例外なく18歳以上とさせていただきます。
\n納得できる一定数のカットが撮れた段階で、当ホームページのポートフォリオに掲載およびプチ写真集を製作しモデルさんにお渡しします。場合によっては、2度3度と池島へ撮影に出向くことになる場合があります。

\n

モデルの条件

\n

性別は女性。体系、年齢は問いません。また、座る立つ目線を反らすなどの単純なポーズを予定していますので、モデルの経験も不要です。
\n私が佐賀県神埼市から出発しますので、池島までの途中で拾える方、もしくは池島まで直接来られる方とさせていただきます。
\nあくまでも私の趣味ですので謝礼を支払う事は出来ません。交通費と飲食代は私が負担いたします。謝礼の代わりとしまして、協力して頂いた写真でプチ写真集を製作しお渡しします。また、撮影データも完成後にお渡しいたします。
\n当ホームページに写真掲載許可頂ける方と致します。また、事前に顔合わせや打ち合わせおよびテスト撮影に応じて頂ける方。
\n撮影時期は、2017年秋までに決行したいと考えています。
\n以上の条件で構わないという方のみ、下記フォームよりご連絡ください。1名の募集ですので、決まり次第募集終了とさせて頂きます。

\n

池島までの経路

\n

\n


フェリーの時間

\n

行き
\n瀬戸港7:17発→池島港7:45着
\n帰り
\n池島港14:17発→瀬戸港14:47着

\n

応募フォーム

Application Form

お気軽にご連絡ください

Name (required)
\n

\n\n

Email (required)
\n

\n\n

Subject
\n

\n\n

Message
\n

\n

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。\nお名前とメールアドレスは必須項目です。\nlilylush.photograph@gmail.comからのメールが受信できる設定をお願いします。\n

\n